ドライバーのお仕事① はじめに

ドラーバーへの道① -どんなお仕事?-

ドライバーってどんなお仕事?労働時間は?給料は?ノルマとかあるの?

・どんなお仕事?

トラックを運転し荷物を輸送するお仕事です。

流れとしては・・・・基本的に①②③の繰り返しになります。


① 積込(荷役)

大きくは、手摘み、フォークリフト、カゴ台車での積込に分けられます。

- 手摘み(バラ積み) 荷物を1つ1つ手で積み込みます。体力勝負です腰痛が心配な方はやめておいた方が良いです。

荷姿が均一でない場合だとテトリスの様に隙間なくはめ込む技術が必要です。紙袋など均一な物は向きを考え積み重ねていきます。

- フォークリフト フォークリフトで代車又はパレットごと一気に積み込みます。体力はほぼ使いませんが操作技術が必要になります。安全にリフト作業出来るようになるには個人差もありますが、大体1・2ヶ月程度必要です。

- カゴ台車 荷物の入ったカゴ台車(タイヤ付き)を人力でトラックに転がします。体力は程ほど、技術もほとんど必要ありません。


② 輸送

輸送先により、近場、中距離、長距離に分かれます。面接の際に自己申告もしくは求人の内容により会社管理者が配属を決めます。

- 近場(地場)

輸送距離が約100km未満で基本毎日帰宅出来るお仕事です。

短い輸送距離を何度が往復したり、何か所か立寄って荷役作業を行う事になります。

よって運転時間は短くなり、作業時間や待機時間が長くなる傾向があります。

長時間運転(4時間程)で眠くなるなる方は近場を選びましょう、更に昼勤(日中のお仕事)だと眠たくなりずらいです。

仕事を終えた後のプライベートな時間が欲しい、毎日家に帰りたい方は近場が良いでしょう。

- 中距離

輸送距離100km~400km程。日帰りで帰ってこれるギリギリの距離です、到着地では車中泊をする場合もあるでしょう。運転時間はソコソコ(4~6時間程)、荷役作業もソコソコ(2~4時間程)です。

ある程度運転が好きな方に適しているでしょう。

- 長距離

輸送距離おおよそ400km以上。毎日自宅にれません、輸送先で泊まりになります。

運転がほとんどで荷役作業時間は短くなります。

荷役作業が嫌いでメッチャ運転がしたい方向きの仕事です。ただ長距離運転には運転手の適正(居眠り運転をしない等)もあるので、今までのキャリアや実績を踏まえて会社管理者が決める事になるでしょう。近場や中距離を踏んでステップアップするのが良いでしょう。


③納品(荷役)

到着地で荷卸しを行います。作業は①で紹介した内容です。

 

以上、おおまかな仕事の内容と流れの紹介です。各運送会社により様々な内容がありますが、弊社ではこの様な内容です。

自分の能力・ライフスタイルにあった内容を選ぶのが大事だと思います。

 

 

 

Follow me!

Leave a Reply