ドライバーのお仕事③ 運転技術の習得

ドライバーへの道③ 免許を取ったら 今回も弊社のケースでご紹介します。 大型免許を取得したら、指導員と一緒に実際の業務を行いながら運転技術を習得していきます。 最初は広い道路を、例えば高速道路を走行したり、輸送ルートを固定するなど危険の少ない仕事を1か月ほどこなします。 1か月も乗務すると運転も自信がついてくると思います。そして大型トラックの車幅や動きも徐々に慣れてきて狭い道も走れるようになります。 恐怖感も無くなり、コンビニの駐車場とかも平気で停めれるようになるには2・3か月程かかるでしょう。 運転技術は乗れば乗るだ目に見えて上達していくでしょう。しかし、大型トラックの運転で一番大事な事、それは・・ 安全確認です! 安全を確認する、これが簡単そうで難しい・・・見逃してしまうと事故を起こしてしまうかもしれません。 大型トラックの(運転席)にはミラーが4枚ついています、乗用車はバックミラーを入れて3枚ですね。 この4枚のミラーと目視を駆使して安全を瞬時に(ゆっくりでも構いませんが)判断しトラックを動かします。 多分大丈夫だろうとか、運まかせじゃ絶対ダメです!安全を確認出来なければ徐行又は停止しなければいけません。