運転手募集

kitano4

大型免許・リフト免許
お持ちでない方もご応募ください。
取得から指導までサポート致します。

Read more

開業50周年

50th white500

2018年6月25で、開業50周年を迎えました。

Read more

ドライバーのお仕事

syosinsya

陸送業界のお仕事とは?
さあ始めてみよう!

Read more

ドライバーのお仕事③ 運転技術の習得

ドライバーへの道③ 免許を取ったら 今回も弊社のケースでご紹介します。 大型免許を取得したら、指導員と一緒に実際の業務を行いながら運転技術を習得していきます。 最初は広い道路を、例えば高速道路を走行したり、輸送ルートを固定するなど危険の少ない仕事を1か月ほどこなします。 1か月も乗務すると運転も自信がついてくると思います。そして大型トラックの車幅や動きも徐々に慣れてきて狭い道も走れるようになります。 恐怖感も無くなり、コンビニの駐車場とかも平気で停めれるようになるには2・3か月程かかるでしょう。 運転技術は乗れば乗るだ目に見えて上達していくでしょう。しかし、大型トラックの運転で一番大事な事、それは・・ 安全確認です! 安全を確認する、これが簡単そうで難しい・・・見逃してしまうと事故を起こしてしまうかもしれません。 大型トラックの(運転席)にはミラーが4枚ついています、乗用車はバックミラーを入れて3枚ですね。 この4枚のミラーと目視を駆使して安全を瞬時に(ゆっくりでも構いませんが)判断しトラックを動かします。 多分大丈夫だろうとか、運まかせじゃ絶対ダメです!安全を確認出来なければ徐行又は停止しなければいけません。  

ドライバーのお仕事② 用意するもの

ドライバーへの道② ~用意するもの~ ドライバーのお仕事①からの続きです。①もそうですが荷姿・荷役方法・乗務する車種により必要な資格も異なりますので、今回も弊社の内容を基にご説明します。 まずは、大型Ⅰ種(免許証) (弊社は中型車がありませんので大型Ⅰ種免許が必要になります。) ない方は、大型Ⅰ種を取得しなければいけません。普通免許を取得した日から3年経過すれば試験を受け取得できます。 免許取得の費用ですが、おおよそ自動車学校で25万円程必要で取得まで1か月ほど掛かります。 なるべく安く抑えたい方は合宿でも取得できます。合宿だと費用は宿泊込みで15万円程で期間も2週間程で取得できます。 弊社は合宿をオススメしています。 費用が・・・と思われる方もいらっしゃると思いますが、アマゾンなどのネット通販が巨大化する中、ドライバーの人材不足は深刻で、国からの助成金はでますし、会社によって取得費用を負担する会社もありますので、思い立ったら行動に移す事もできると思います。 ちなみに弊社では大型免許取得費用を一時立て替え(3年以上勤務すれば0円)ております。 自動車学校と合宿の違いですが・・・ 大型Ⅰ種免許の取得は普通免許をお持ちの方であれば、そう難しくはありません。全長12mほどある大型車輛を運転するには技術の取得に時間は掛かりますが。例えば体を動かすのは辛いとか年齢的に力仕事が無理と思われる方も、送迎のお仕事や回送のお仕事など大型車輛の運転のみの仕事であれば働くのも苦じゃなくなるかもしれません。費用は掛かりますが、仕事に従事すれば、手早く回収できる出資だと思います。先々を考え取得しておいてもいいかもしれません。   それ以外にリフトの免許が必要な場合もあります。 しかしこれは民間の講習と実技訓練で2・3日で取得できますし、費用も2~3万円程です。前もって用意しといても良いですが、休みを利用して入社を決めてからでも取得できますね。  

ドライバーのお仕事① はじめに

ドラーバーへの道① -どんなお仕事?- ドライバーってどんなお仕事?労働時間は?給料は?ノルマとかあるの? ・どんなお仕事? トラックを運転し荷物を輸送するお仕事です。 流れとしては・・・・基本的に①②③の繰り返しになります。 ① 積込(荷役) 大きくは、手摘み、フォークリフト、カゴ台車での積込に分けられます。 - 手摘み(バラ積み) 荷物を1つ1つ手で積み込みます。体力勝負です腰痛が心配な方はやめておいた方が良いです。 荷姿が均一でない場合だとテトリスの様に隙間なくはめ込む技術が必要です。紙袋など均一な物は向きを考え積み重ねていきます。 - フォークリフト フォークリフトで代車又はパレットごと一気に積み込みます。体力はほぼ使いませんが操作技術が必要になります。安全にリフト作業出来るようになるには個人差もありますが、大体1・2ヶ月程度必要です。 - カゴ台車 荷物の入ったカゴ台車(タイヤ付き)を人力でトラックに転がします。体力は程ほど、技術もほとんど必要ありません。 ② 輸送 輸送先により、近場、中距離、長距離に分かれます。面接の際に自己申告もしくは求人の内容により会社管理者が配属を決めます。 - 近場(地場) 輸送距離が約100km未満で基本毎日帰宅出来るお仕事です。 短い輸送距離を何度が往復したり、何か所か立寄って荷役作業を行う事になります。 よって運転時間は短くなり、作業時間や待機時間が長くなる傾向があります。 長時間運転(4時間程)で眠くなるなる方は近場を選びましょう、更に昼勤(日中のお仕事)だと眠たくなりずらいです。 仕事を終えた後のプライベートな時間が欲しい、毎日家に帰りたい方は近場が良いでしょう。 - 中距離 輸送距離100km~400km程。日帰りで帰ってこれるギリギリの距離です、到着地では車中泊をする場合もあるでしょう。運転時間はソコソコ(4~6時間程)、荷役作業もソコソコ(2~4時間程)です。 ある程度運転が好きな方に適しているでしょう。 - 長距離 輸送距離おおよそ400km以上。毎日自宅にれません、輸送先で泊まりになります。 運転がほとんどで荷役作業時間は短くなります。 荷役作業が嫌いでメッチャ運転がしたい方向きの仕事です。ただ長距離運転には運転手の適正(居眠り運転をしない等)もあるので、今までのキャリアや実績を踏まえて会社管理者が決める事になるでしょう。近場や中距離を踏んでステップアップするのが良いでしょう。 ③納品(荷役) 到着地で荷卸しを行います。作業は①で紹介した内容です。   以上、おおまかな仕事の内容と流れの紹介です。各運送会社により様々な内容がありますが、弊社ではこの様な内容です。 自分の能力・ライフスタイルにあった内容を選ぶのが大事だと思います。